株式取引で儲ける人は何をやっているの?

株はリターンとリスクのバランスをよく考える

株に投資をするときに、最も注意しなければならないことが、リターンとリスクのバランスです。
バランスであるという点に注意しなければなりません。
金融工学の有名な事実として、リスクとリターンの関係があります。
リスクを抑えられるのは理想的ですが、リスクを抑えると期待できるリターンは小さくなります。
リターンは大きい方が良いですが、そうするとリスクも大きくなります。
リスクを小さくしてリターンを大きくするというフリーランチがないことは、経済の基本だけしか学んでいない人にとっても理解できることでしょう。

ですから、リターンを高めることを優先して考えるのではなく、リスクとリターンの関係を理解してバランスをとることが大事です。
たとえば、リスクが大きいと考えるのなら分散投資をすることによってリスクを抑えるという方法は良い方法でしょう。
あるいは、株だけではなく、債券に分散するのも良い方法だと言えるでしょう。
いろいろな方法でリスクを抑えることはできます。
リターンを高めたければその逆をすれば良くて、新興企業や新興国など、成長が期待できる企業や地域に集中的に投資をするという方法も良い方法です。

リスクをどこまで抱えるのかは、それぞれの資産状況に酔って異なりますが、基本的な考え方は、リスクが顕在化しても問題ないというのが理想的です。
たとえば、リスクが顕在化したときに資産をすべて失って生活できなくなるというのが最悪の状況だと言えるでしょう。
リスクが顕在化しても、少し悔しいと思うくらいの資金を株に投じるくらいが、リスクとしては適しています。
株に投資をするのなら、リターンを高めることも大事ですが、リスクを高めないことも大事で、そのバランスが大事です。